karugaroo logo

Karugarooは、カンガルーの姿をした自律輸送ロボットです。

物を輸送するだけでなく、会話をしたりジェスチャーでコミュニケーションを取ることができます。

ポケットにタブレット端末を装着しているので、バーコードを読み取って商品を購入することができたり、端末に部屋番号を入力するとしていした部屋まで物を自動で運んだりすることができます。

Karugarooは、さまざまなシチュエーションで活躍することができます。

  • オフィス内でのお茶出し、顧客対応
  • フードデリバリーの、ロビーから部屋までの配達
  • 介護施設での食事の運搬、入居者の見守り
  • マンション内での小売販売
  • 宅配物のロビーから部屋までの輸送
  • 病院での非接触な薬の運搬

動作イメージ

少しおぼつかない様子は応援したり手伝いたくなります。「ロボットはできて当たり前」ではなく、失敗した時に人に助けてもらえるようなロボットが人と共生していけるのではないでしょうか。

物理的にスイッチを押下できる機構があるので、既存の建物にそのまま導入できます。もちろん、事前学習やバリアフリーが前提となりますが、導入できる建物の幅は一気に広がるはずです。

Copyright(C) RoboSapiens Inc. All Rights Reserved.