BambooBot

BambooBotは、3次元のあらゆる位置での計測を可能にするセンサーロボットです。
特許取得済みの巻尺を用いた伸縮機構で40cmから2mの高さまでセンサーやカメラを昇降することができ、自律的にルートを巡回することが可能です。

取得した温度・湿度・空気質・映像などのデータを3次元マップに描画することができたり、設備のシステムと連携することができます。
これにより、設備のランニングコストを下げ、入居者の満足度を向上させることに寄与します。

イメージ動画

コンセプト


電灯の照度計測、休憩スペースの空気質の計測、エアコンの水漏れ検知など、センサーやカメラを上下させながら、設備点検をして回ることが可能です。

固定センサーとの比較

BambooBotを用いた環境計測は、固定センサーを設置する方法と比べて次のような違いがあります。

  • 固定センサーは設置する際に工事が必要であったり、大量のセンサーを購入する必要があり、ロボット1台だけ用意すれば良いBambooBotの方がコストパフォーマンスに優れています。
  • 固定センサーは測定する位置を変えることは容易ではないですが、BambooBotは計測位置を柔軟に変えることが可能です。

原理

BambooBotの昇降機構は、2対の巻尺を重ね合わせモーターで送り出すことにより実現しています。2対のアルミテープは巻尺ケースに巻装されることにより、小さいスペースから大きな距離を突出させることが可能です。

活躍できるシチュエーション


BambooBotは、空調管理、警備、設備点検など、さまざまなシチュエーションで活躍することができます。

    お問い合わせ

    TOP