居住空間向け自律輸送ロボット『Karugaroo(カルガルー)』、「横浜ロボットワールド2021」 に初出展

株式会社RoboSapiens(所在地:東京都新宿区、代表取締役:長尾 俊、以下ロボサピエンス)は、「横浜ロボットワールド2021」に初出展し、ロボットを使った「物流×コミュニケーション」の提案を行います。ロボサピエンスが開発した居住空間向け自律輸送ロボット『Karugaroo(カルガルー)』や巻尺を用いた伸縮突出アクチュエータ『BambooShoot Actuator(バンブーシュートアクチュエータ)』(特許取得済)を日本で初公開いたします。

近年、ロボット技術はさまざまな分野で使われ、その技術は目覚ましい発展を遂げています。ロボサピエンスは、「人を中心としたロボットづくり」を基本的な理念として、ロボットによって物理的な障害を無くし自動化することで、全ての人々に豊かで安全かつ持続可能なインフラを提供していくことをミッションとしています。

Karugaro正面

◆出展概要

【日時】2021年11月10日(水)〜11日(木) 10:00〜17:00
【ブース】3-19
【出展内容】

1.居住空間向け自律輸送ロボット『Karugaroo』

  • 物を運んだり、コミュニケーションを取ったりすることが可能
  • スイッチを押下できるシッポの機構を搭載しており、エレベータの乗り降りやインターホンの押下を自律的に行うことが可能
  • Karugaroo全身

    2.巻尺を用いた伸縮突出アクチュエータ『BambooShoot Actuator』

  • 巻尺を用いた独自の仕組みで省スペースかつ大きな伸縮動作を実現
  • 軽量で可動範囲が広く、手頃な価格で導入が可能
  • 輸送ロボットにおける押下の動作に最適
  • BambooShoot Actuator

    ◆出展内容のご紹介

    1.居住空間向け自律輸送ロボット『Karugaroo(カルガルー)』 

    『Karugaroo』は、カンガルーの姿をした自律輸送ロボットです。物を輸送するだけでなく、会話をしたりジェスチャーでコミュニケーションを取ったりすることができます。物理的にスイッチなどを押下できるシッポの機構を搭載しており、エレベータの乗り降りやインターホンの押下を自律的に行うことができるので、特別な連携をすることなく既存の建物にすぐに導入することが可能です。またポケットにタブレット端末を装着しているので、バーコードを読み取って商品を購入することができたり、端末に部屋番号を入力すると指定した部屋まで物を自律的に運んだりすることができます。『Karugaroo』は、さまざまなシチュエーションで活躍することができます。

    活躍するシチュエーション
    【オフィスでは】
    ・お茶出しや顧客対応

    【マンション内では】
    ・フードデリバリーや宅配物の、ロビーから部屋までの輸送
    ・マンション内での小売販売

    【医療機関では】
    ・病院における非接触での薬の運搬

    2.巻尺を用いた伸縮突出アクチュエータ『BambooShoot Actuator』 ※特許取得済

    『BambooShoot Actuator』は、巻尺の機構を用いた、コンパクトな収納スペースで大きなストロークを可能とする伸縮アクチュエータです。「BambooShoot = たけのこ」のように地面から突き上げるような動きが可能です。通常のリニアアクチュエータの場合は、50cm突出させようとすると、50cm以上の収納スペースが必要になりますが、『BambooShoot Actuator』はそのような収納スペースは不要です。軽量で可動域が広く手頃な価格で導入が可能です。特許取得済み。

    ◆横浜ロボットワールド2021 開催概要

    会期:2021年11月10日(水)〜11日(木) 10:00〜17:00
    会場:パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
    出展対象:ロボット開発技術、駆動技術、認識技術、判断・制御・AI(人工知能)技術、通信技術 等
    主催:横浜ロボットワールド実行委員会
    URL:https://www.srobo.jp/